コラム

コラム

日本の電気事業制度

公開日:2016.05.13
facebookでシェア twitterでつぶやく
日本の電気事業制度
日本は地域によって管理している電力会社が異なり、安定した電力供給をしていますが、2016年から電気事業制度が変化します。今現在行われている電気事業はどういったものなのか、そして今後どのように変化するのかをご紹介いたします。

 

電気は光に近い存在ですから、目に見えず形を変えないと保存も利かないと言う特殊な性質を持っています。
そのため、電力の生産にしても配電にしても、物の製造とは全く異なる世界が広がっているのです。
そうした特殊な電気の基本を知ることは、大切なことです。
日本の電力について論じるためには、実に多くの事柄を知る必要があります。
日本は世界でも有数のエネルギー資源がない国です。
そのため、石炭や天然ガスの長期的な需給に目を配らなければなりません。
そうした日本の置かれた電気事業の制度を知ることにより、今後の電力消費への軽減にもつながっていくものと言えるでしょう。
それでは、日本の電気事業法はどのような業者がどのようなサービスを提供できるのかを詳細に記載しています。
この法により、電力会社の位置づけやPPSの位置づけが解るでしょう。

 

日本の電気事業制度は6種類に分類される

 

一般電気事業者は、全国北は北海道、南は九州まで電力会社と呼ばれる企業を指します。
企業や個人世帯などの一般客に対して、配電網を設置して電力を供給しています。
PPSは、この一般電気事業者が保有する送電網や配電網を借りて、顧客に供給することになります。
これまで、地域における独占的な営業が認められてきましたが、電力自由化により、そのシステムが変化してきます。
卸電気事業者は200万kw以上の発電設備を持ち、一般電気事業者に電力の卸売りをする事業者を指します。
電源開発株式会社(Jパワー)と日本原子力発電株式会社の2社があります。
卸供給事業者は自から発電所を持っており、小売りは行わず電力会社に卸売りを行いますが、上記2社より規模の小さい事業者を指します。
特定電気事業者は再開発地区などのように、特定の区域に限定して電力供給を行う、電気事業者を指します。
特定供給事業者は、上述の特定電気事業者よりもさらに狭い区分、例えば特定の建物、工場施設などに電力を供給する事業者を指します。
特定規模電気事業者は、電力の大口需要企業を指します。

 

日本の電力供給の未来像

 

東日本大震災福島第一原発事故以来、原発ゼロが今盛んに叫ばれています。
原発に頼らないエネルギーの開発は、日本も世界の潮流に合わせ、太陽光発電をはじめとして数多く進展しています。
今後、世界で注目されているシェールガスや、電力需給を解消するとされているガスコンバインドサイクル発電を導入するなども必要でしょう、
電力供給については、スマートグリッドの導入が不可欠な要素となるでしょう。

 

66