• HOME
  • エコ
  • 個人で出来るエコな取り組みについて
エコ

エコ

個人で出来るエコな取り組みについて

公開日:2015.11.12
facebookでシェア twitterでつぶやく
個人で出来るエコな取り組みについて

エコな取り組みから地球環境に貢献できる

 

エコとはエコロジーのことで、環境に配慮したやさしさや、地球にやさしいという意味でよく使われる言葉です。
近年、大気汚染や自然環境の破壊が深刻になってきていて、テレビの番組でも環境問題に対する番組などが企画されるようになり、身近に感じられるようになりました。
職場ではクールビズが取り入れられるようになり、ショッピングセンターなどでも冷房を弱めて、冷房による大気汚染を抑えようとする動きが見られます。
国会でもクールビズが取り入れられるようになり、少し前の中継ではみんなネクタイを締めていましが、今では前ボタンを開けたカッターシャツ姿です。
当初はラフさを反対する声もありましたが、今ではすっかり定着しています。
このようにエコロジーと聞くとどうしても規模が大きく感じられて、私たち個人の問題と認識しにくい部分がありますが、もっと身近な個人で取り組める環境に配慮した活動もたくさんあります。

 

電力自由化という選択肢について

 

電力自由化という言葉をご存知でしょうか。
名前の通り電気を供給してくれる会社を地域の電気業者ではなく、一般の電気を取り扱っている企業などから選ぶことが出来るというものです。
電力自由化を利用することによって、一般の電気を供給する企業を選ぶことができ、電気料金の比較や災害時に電気がストップするという事態を防ぐ可能性もあります。
そして、それと似たような方法で自分で電力を使う作り出すという方法もあります。

 

個人で出来るエコについて

 

電力自由化の考え方から個人で取り組める活動があります。
最近では、太陽光発電のように自宅で電気を作り出して、安心で安全な方法によって必要な電力を供給することが出来るのです。
太陽光発電は太陽の光エネルギーを集めて、電気を作り出すという方法です。
初期太陽パネルを設置するため、初期の費用はかかってしまいます、いったん取り付ければずっと電気を作ることが出来ます。
さらに、暑い時期や太陽の照す季節では、自宅で使うだけでは電力があまってしまうため、業者へ売ることも出来ます、そうなってくると、エコロジーに貢献できるばかりでなく、大切な収入の一部にもなってくるのです。
まだまだ研究開発中の方法ですが、太陽の光を集めるためのパネルも軽量化されるなど、システムは安定してきています。
このように自分で電気を供給できるようになる人が増えれば、従来の低コストな原子力発電に頼らなくても良い未来が望めるかもしれません。
自分達の力で個人がエコに取り組めるといいですよね。

 

5