• HOME
  • エコ
  • エコの概念と電力自由化との結びつき
エコ

エコ

エコの概念と電力自由化との結びつき

公開日:2016.05.09
facebookでシェア twitterでつぶやく
エコの概念と電力自由化との結びつき
エコという言葉は生態学から転じて環境問題を示すようになりました。その概念はとても広く、身近な環境活動以外のものも含んでいます。 積極的にエコ活動を行っても、そこには活動の限界があります。 しかし、より大きな影響を与える企業を選択することでエコ活動を促進することができます。この点で電力自由化はエコ活動に繫がります。

 

近年、世間で声高に語られる事案の一つにエコがあります。
生態学という意味のエコロジーを略したものですが、意味が転じてより良い環境を保持促進するための活動を指します。
環境というとても広い概念は、生活における身近な問題から地球規模の大変大きな問題にいたるまでを内包しています。
私たちの社会は環境問題と常に隣り合わせで社会を発展させてきました。
ときには公害問題を招いてしまうこともありました。
現在も自然破壊は続いています。
排出された二酸化炭素は地球の温暖化を招いているといわれています。
しかし、私たちは生物である以上、必ず環境に依拠しなければ生きていけません。
ですから環境に気を配ることはとても大切なことなのです。

 

家庭で出来るエコ活動と企業へのアクセス

 

私たちが積極的に参加できるエコ活動とはどのようなものがあるでしょうか。
例えば日々の生活を見直してゴミの削減に積極的に取り組むことは、素晴らしいエコ活動であるといえます。
更に家の外に足を運び、近隣の河川の掃除に参加したり、まだ使えるものを不用品として処分しないことも、生活の中で出来る活動です。
クールビズやエアコンの温度の調整なども、不要なエネルギー消費を減らして、二酸化炭素の削減につながります。
ですがこれらの活動はすでに多くの方が実践されていますし、今の環境レベルの維持には繫がっても、大きな進歩に繫がることは難しいのです。
私たちは個人の生活の見えないところで、多くの人々や企業の支えを受けています。
氷山がその大部分を水中に隠しているように、個人でできるエコ活動だけに気配りすることでは、大きな問題の解決をすることはできません。
大きな影響を与えることのできるエコ活動をするためには、より大きな環境的影響を与えるものにアクセスしなければなりません。
私たちが自分でエコ活動を推進する企業を選択できることができるならば、よりよい環境を作り上げることができます。

 

電力自由化との結びつきがある

 

電力自由化は環境に影響を与える企業に積極的に選択することができるという面で、エコに貢献することができます。
発電事業は二酸化炭素排出の際たるものです。
私たちは環境に与える影響が小さなクリーンな企業を選ぶことで、結果として社会にエコな環境を実現することができるのです。
最近ではエコはエコノミーの略であると揶揄されることもあります。
しかし経済的な活動と環境的な活動は繫がっているものです。
どちらかだけの発達は歪みのある社会を生み出してしまいます。
環境問題を積極的に解決していくことは、経済活動を促進してより良い社会を構成してきます。
電力自由化は、この点においてエコロジーとエコノミーを結びつけ、社会の良好な発展させるものなのです。

 

01エコの概念