• HOME
  • エコ
  • エコの意識を高めて社会貢献しよう
エコ

エコ

エコの意識を高めて社会貢献しよう

公開日:2015.11.13
facebookでシェア twitterでつぶやく
エコの意識を高めて社会貢献しよう

積極的なエコ活動ができていますか?

 

環境問題は特定の誰か、ではなく全世界の人々が対象となっています。

一つの家庭で出来ることは小さくても、家庭が10、100、1000と増えていく事で、ゴミを分別できているかできていないか、で大きく変わります。

ゴミの分別を行うことで、リサイクルを行い新しい資源を再生させる事が可能です。

分別しなければただのゴミに変わり、ただ燃やされるだけの存在となり、燃えたゴミにより発生するCO2が地球温暖化をどんどん促進していきます。

私たちが積極的にエコ活動をするかしないか、で未来の地球は大きく変わるのです。

積極的なエコ活動、といってもそこまで難しいことはありません。

まずはリサイクルしやすいペットボトル、プラスチック、ビン、缶を分別することです。

牛乳パックや段ボール、古紙等も分別できるので可能であれば行いましょう。

多少はゴミの分別で家の幅をとることになりますが、ちょっとした心がけでこれからの未来が変わる、と強い責任感と意識を持ってもらいたいものです。

 

リサイクルされた元ゴミたちはどうなる?

 

単純にゴミを分別すると、あまりモチベーションが上がらないという方もいます。

しっかりと自分の行動がエコに繋がっていると感じた時にやりがいや達成感があるものです。

意識が薄れてきたときには、リサイクルされたゴミはその後どう活用されているのか、を定期的に知る機会を作りましょう。
分別で定番となっているペットボトルは、リサイクルされた後に衣料品やペン等の文房具、スーパーで販売されている卵のパック等に生まれ変わります。

意外な使い道だと思われるかもしれませんが、また私たちの元に戻ってくることはとても喜ばしいことです。

もしかすると、過去にペットボトルを分別していて回収してもらったものが、今自分が持っている文房具であるかもしれません。
本当かどうかはさておき、そういった意識を持つことでやりがいを感じることができます。

 

物だけでなく電気やガス等もエコにつながる

 

エコというとゴミの分別が最初にイメージされますが、電気やガスの使用を節約することもエコにつながります。

毎月電気代やガス代を支払っていますが、支払い費用を抑えるため、という意識でも全く問題ありません。
電気代を抑える方法として、普段使っている電気を極力使わないようにする、コンセントをさしっぱなしにしている機器は使わない間抜いておく、等些細なことでも節約できます。
また、新しく始まる電力自由化によって多くの企業で電気の販売が始まるので、太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーで電気が作られている企業を利用することでも、環境を守る事に繋がります。

 

6