• HOME
  • エコ
  • エコを考える私たちが出来ること
エコ

エコ

エコを考える私たちが出来ること

公開日:2016.02.05
facebookでシェア twitterでつぶやく
エコを考える私たちが出来ること
日ごろの生活でよく耳にする「エコ」。この言葉には様々な意味が含まれており、また様々な取り組みがなされています。そんな中で私たちが気軽に行うことのできる「エコクッキング」、また来年度から始まる「電力自由化」について紹介します。

社会全体がエコの流れに

皆さんは「エコ」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。
この言葉は、地球環境の保護・保全、さらにそれに繋がる省エネ・節電など、私たちの生活の中のあらゆる行動や意識に幅広く使われています。
また、環境の為に行う節電や節水・節ガスといったことは、結果的に経済的にも節約にやります。
最近では、エコに取り組む企業が増えていたり、イベントやボランティア活動なども各地で頻繁に開催され注目を集めています。
また車や家電も環境と家計の両方を考え購入・買い替えをする家庭も増えています。

楽しくエコクッキング

身近で簡単なエコは、慣れると意識しなくても身に付いてくるので、苦もなく出来るでしょう。
おすすめなのはエコクッキングです。
料理を作る、そして食べるという行為は様々なエネルギーを必要としています。
それは買い物の時点から始まっています。
最近ではすっかり当たり前になったマイバッグを持参し、作る料理や食べる人数などを意識しながら無駄が出ないように食材を選びます。
食材の保管に使用する冷蔵庫・冷凍庫の強弱を適切に調整することも大切です。
冷蔵庫にものを詰めすぎるとエネルギー消費が大きくなることも覚えておきましょう。
調理中にも工夫できることはたくさんあります。
電力やガスを効率よく使うために、鍋底の水を拭いたり、蓋の活用、また水を出しすぎないようにしたり、油の使いすぎにも注意しましょう。
近頃では保温鍋も人気で、節電節約だけでなく手間も省け時短にもなります。
そして片付けの際にも、もちろん節水そして洗剤も必要以上に使わないようにし、ゴミを減らすことなども忘れてはいけません。
難しく考えずに、自分に出来ることを出来るペースで始めてみると良いでしょう。

 

電力を賢く選んで更なるエコ

地球環境の為にも家計の為にも、私たちに出来ることはたくさんあります。

省エネは一人一人の心がけと行動で大きな影響になるのです。
また、今後は電気に関して出来ることがあります。
2016年4月から、今まで不可能だった電力会社の選択が可能になるのです。
地域に関係なくどこの会社とも契約できるので、料金プランが安いところを選べば節約になります。
さらに、原発や火力に頼らない発電をしている会社にしたり、環境保全に力を入れている会社にしたり、それぞれの基準や視点で好きに選べるのです。
これから価格競争やサービス合戦で消費者である私たちにアピールしてくることが予想されますので、賢く選んで更なるエコに取り組んでいきましょう。