• HOME
  • エコ
  • たくさんのお湯を使うならエコキュートがいい
エコ

エコ

たくさんのお湯を使うならエコキュートがいい

公開日:2016.10.29
facebookでシェア twitterでつぶやく
たくさんのお湯を使うならエコキュートがいい
二酸化炭素の発生量を抑え、さらにはガス料金をも抑えてくれるのが、ヒートポンプ給湯器であるエコキュートです。地球環境にも優しいこのガス給湯器は、ガス自由化が始まるのを前にして、給湯器の取り換えの際にはぜひとも取り付けを検討したい地球環境にやさしい給湯器です。これがあれば家の中でお湯を使うことが、もっとエコロジーになります。

 

今の時代、お湯を使う際、ボタン一つで給湯器のスイッチを入れるという家庭がほとんどでしょう。
お風呂に入ることを筆頭に、洗面所で顔を洗う、キッチンで洗い物をするなど、さまざまな場所、さまざまなシーンで使うお湯は、家の中のどこかに設けたスイッチが並んだパネルを操作することで、簡単に使えるようにできています。
ガスは電気よりも安い値段で使えるエネルギーですし、お湯を沸かすといった瞬時に多くのエネルギーを使う用途に用いるには最適です。
家の中で電気をつけて灯りを確保するとか、冷蔵庫を動かすためにずっとコンセントをさしておくとかいった使い方をする電気に比べると、使いたいときに一気にエネルギーを使うという利用の仕方をするものに向いているのがガスだといえます。

 

ガス給湯器の中でも特徴的なもの

 

寿命としてはおよそ10年とされているガス給湯器ですが、家族が多く、お風呂に入る時間がまちまちで、冬場ともなれば入るたびに追い炊きをしてお湯を熱くしないといけなかったり、朝にシャワーを浴びたり、シャンプーをしたりする家族がいたりといった家庭では、給湯器の使用回数も多くなります。
ひと月に2万円以上ガス代がかかっている場合は、そのほとんどがガス給湯器である可能性が高いことから、給湯器を慎重に検討することが節約につながります。
そこで、お勧めなのが、エコキュートです。
この給湯器は大気の中にある熱を利用してお湯を沸かすという、通常の給湯器とは異なる仕組みを持った自然冷媒ヒートポンプ給湯器と呼ばれるものです。
自然冷媒とは空気中に存在する熱ですが、可燃性はありません。
可燃性を持たない安全な物質なのに可燃能力に優れているので、外気温が低いときでも高温のお湯を作れます。
高温沸き上げを必要とするお風呂にぴったりと言えるでしょう。

 

節約だけでなくエコにも

 

エコキュートを使うことによって、一般的な給湯器使用と比較すると消費エネルギーは1/3に縮小されます。
これは、お財布にとって節約ができるのはもちろんですが、エネルギーを作り出す際に発生する二酸化炭素の量を抑制することにもつながります。
地球環境を考えるエコという言葉と、給湯器をもじったキュートからエコキュートというネーミングがつけられましたが、これならお財布にも優しく、さらに二酸化炭素削減にもつながって、ますますガスが魅力的になります。
2017年4月にガス自由化が始まることを考えると、今まで電気を使っていたところを給湯器をエコキュートに替え、ガス利用を積極的に進めていった方がお得になるのではと期待が持てます。

 

たくさんのお湯を使うな