• HOME
  • エコ
  • 家族みんなで協力して快適なエコライフを過ごそう
エコ

エコ

家族みんなで協力して快適なエコライフを過ごそう

公開日:2015.11.16
facebookでシェア twitterでつぶやく
家族みんなで協力して快適なエコライフを過ごそう

快適なエコライフは家族の協力が必要

 

毎日の生活で欠かせない電気やガスは、意外と毎月の費用がかさむものです。

必要だから仕方がない、という考え方もありますが、ちょっとした心がけで極力費用を抑えて生活をしている人もたくさんいます。

快適なエコライフを行うためには、自分だけが意識するのではなく、家族全員が協力することが大切です。
電気をつける意味は、部屋を明るくするためです。

その場所に人がいるのであれば明るさが欲しいのでつけておいても問題ありませんが、だれも人がいない場所の電気がうっかりつけっぱなしになっている事はよくあります。

こういったうっかり事情をどれだけ家族全員が協力して必要ない電気を消せるか、という事が快適なエコライフに繋がっていきます。

 

電気の節約をうまく楽しもう

 

快適なエコライフを送るためには、何事も楽しむことが大切です。

嫌々な気持ちで取り組んだり、めんどくさい、必要性を感じない、という意識の中で取り組むと快適なエコライフなはずが、窮屈なエコライフになってしまいます。

子供が家にいる場合は、積極的に子供にも参加させましょう。

使っていない電気を消した際には盛大に子供に褒めてあげて、環境を守ることにつながっている、と強く認識させることでやる気やモチベーションを高めることができます。

子供がやる気になってくると、親が気を抜いている時に子供から注意を受けることもあります。

子供を味方につけて家族全体の活気をアップさせ、電気の節約をどんどん家庭内に取り込んでいくことが快適な生活に繋がります。

 

2016年の電力自由化に向けて

 

着目してもらいたい点が、2016年から始まる電力自由化です。

電力自由化が始まると、今まで電気を販売していなかった企業も電気を一般家庭に販売できるようになります。
つまり、一般家庭ではどこの企業から電気を購入するか選ぶことができる、ということです。
競合が増えるにあたり、企業ごとに販売方法が工夫されるので、今までよりも料金が安くなる、あるいは特別な特典が付いてくる等、が考えられます。

電気料金が安くなればさらに電気節約への意識も高まる、といった循環になるので2016年の電力自由化は大きな影響を与える事となるでしょう。

一人一人にできること、各家庭でできる事は限られているから意味がない、影響力がない、と考えている人もいるかもしれません。

しかし、一人一人、ひとつひとつの家庭が集まって日本があり、世界があります。
一人一人の意識や行動が変わるだけで、世界に及ぼす影響は想像している以上に大きいものです。

 

7