• HOME
  • エコ
  • これで分かった!カーシェアリングの利用によるエコ活動
エコ

エコ

これで分かった!カーシェアリングの利用によるエコ活動

公開日:2015.08.20
facebookでシェア twitterでつぶやく
これで分かった!カーシェアリングの利用によるエコ活動
近年脚光を浴びているカーシェアリング。環境面からだけでなく、費用面から見ても数多くのメリットがあります。 自家用車は本当に必要なのか、レンタカーとはどう違うのかなど、カーシェアリングが持つエコな側面について、簡単にご説明します。 オトクに使えるカーシェアリングで、日々の節約を検討してみては?

カーシェアリングはCO2排出を減少させる

自家用車を各自が所有することからカーシェアリングへの移行が進めば、CO2の削減が可能となり、エコな社会が実現できます。

一説によると、カーシェアリングをする人が1人増えることは、ブナの木を1年で189本植えることと同じ効果があるとか。

 

 

日本の場合、車から排出されるCO2は排出量全体の22%を占めるといわれており、カーシェアリングは環境保護の面からも注目を集めています。

 

エコカー導入もスムーズに

ハイブリッド車や電気自動車など環境に配慮した車が続々発売されていますが、ガソリン車と比べまだまだ価格は高いですよね。

カーシェアリングは会員同士で車をシェアしますので、高価なエコカーの導入も早く進みます。

 

 

また、駐車場問題も解消されますので、緑地や農地が駐車場に転用されるようなこともなくなります。

カーシェアリングが進んで社会全体の車の数が減ることになれば、それだけ交通渋滞や交通事故が減少し、

事故の被害者が減るだけでなく社会全体としての損害が減少することになります。

 

カーシェアリングは費用面でも有利

車といえば、本体の価格もそうですが、財布を圧迫するのは車の維持費。

駐車場代や燃料費など、継続してたくさんの支出が必要になりますよね・・・。

 

 

一方、カーシェアリングをするメリットの中で、何といっても一番うれしいのがお財布に優しいこと。

税金や保険料、駐車場代もなどの維持費がかからず、ガソリンもレンタカーのような満タン返しは不要。

利用時間も業者によっては15分間から利用可能など、自家用車やレンタカーに比べカーシェアリングのメリットはたくさんあります。

 

 

また、カーシェアリング利用者は利用料金を節約するため効率的な移動を心がけるようになり、その結果ガソリンや時間の節約にもつながりますね。

使いたい時だけ使いたい場所で、距離や時間に応じて使う、時代の要請にマッチした自動車の利用法です。