• HOME
  • エコ
  • 気づいた時には症状が進んでいる!?目に見えない危険を「熱中症計」チェックしよう
エコ

エコ

気づいた時には症状が進んでいる!?目に見えない危険を「熱中症計」チェックしよう

公開日:2015.07.28
facebookでシェア twitterでつぶやく
気づいた時には症状が進んでいる!?目に見えない危険を「熱中症計」チェックしよう
夏になるとニュースで取り上げられる熱中症。屋外、屋内でも症状が進み、その症状に本人が気づきにくいので、いつの間にか悪化し、命に関わる重篤な状態までいってしまうことも。今年は「熱中症計」を使って、目に見えない危険から、あなたとあなたの大切な人達を熱中症から守りませんか?

熱中症とは

「日射病」は暑い日の屋外に長時間いたり、運動など体を動かすことで体が脱水して起こりますが、「熱中症」は屋内外問わず、暑さと湿度が高いことが原因で起こり、脱水ではなく体内の水分が沸騰したような状態になります。

 

 

めまい、頭痛、吐き気、過剰な汗や暑いのに全く汗が出ない、

体が異常にあつくなるなどの症状が起こり、ひどい時には命に関わります。

 

 

少しずつ、本人が気づかないうちに症状が進行するので、

症状が出ていなくても普段から熱中症対策をして予防することが大切です。

熱中症計とはどんなもの?

夏は暑いのが当たり前だからこそ、

今日の暑さが危険な暑さなのかどうかは分かりにくいもの。

その危険度を目で見てる形にしてくれるのが「熱中症計」です。
ランプの色と温度で今いる場所の危険度を「安全」から「危険」まで知らせてくれます。

外出されるときはもちろん、お家の中でも利用して、

少しでも注意した方がいい日は、体を冷やしたりするなどして熱中症を予防しましょう。

熱中症の予防と応急処置

【熱中症の予防法】
・通気性の良い服装をこころがけ、体に熱がこもらないようにする。
・湿度が高い日には運動や体力を使う作業はしない。暑い日は控える。
・とくに熱中症の症状を感じなくても、脇の下や脚の付け根などを30分〜1時間おきに冷やす。
・こまめに冷たいもので水分補給をする。
・睡眠を十分に取り、規則正しい生活をする。
・屋内ではクーラーや扇風機を利用する。など

 

 

【なってしまった時の応急処置】

 

 

・脇の下、脚の付け根を集中的に冷やし、体全体に霧吹きで水をかけ、風をあてて体温を下げる。
・クーラーの効いた部屋で体を冷やす。
・体を冷やした後で水分補給をする。(体が暑いままだと、摂った水分が温まってしまう。発汗が止まっているときは危険)
・少しでもおかしいと思ったら、躊躇することなく救急車を呼ぶ。

 

 

自分でおかしいなと思った時には、すでに症状が進行しています。

応急処置をしながら救急車を呼んだり、移動できる状態であれば念のため、病院へ行って診てもらうようにしましょう。
熱中症計は、お部屋に置いておけるタイプや、かばんにつけられるようなタイプも出ています。

熱中症から身を守る為に、大切な人を守る為に持っていても良いかもしれませんね。