• HOME
  • エコ
  • 熱中症対策もエコにやろう!節電しながらできる暑さ対策
エコ

エコ

熱中症対策もエコにやろう!節電しながらできる暑さ対策

公開日:2015.07.20
facebookでシェア twitterでつぶやく
熱中症対策もエコにやろう!節電しながらできる暑さ対策
熱中症は夏の炎天下だけでなく、湿度の高い部屋など屋内でも発生する可能性があります 。熱中症予防のためにはエアコンなどを適切に使用することが大切ですが、節電も気にな るところです。節電をしながらも地球にやさしいエコな熱中症対策についてご紹介します 。

熱中症が起こりやすい環境とは?

熱中症は高温の日が多い年だけでなく、冷夏でも急激な気温の上昇があったときなどに発生しています。

“暑熱順化”という言葉を聞いたことがありますか?

ヒトのカラダは環境に順応するために汗をかくことなどで体温調節をしています。

 

 

しかし、夏の暑さなどに慣れるためには成人では一週間から十日、高齢者では二週間ほどの時間が必要です。急に気温

が上昇した場合には暑熱順化が間に合わないので熱中症などが起こりやすくなります。

 

 

熱中症対策としては真夏のほかに暑さに慣れていない時期にも留意し、暑熱順化できるまで

の期間を安全に過ごしましょう。

熱中症予防のための具体策は?

環境省の熱中症予防情報サイトでは予防法を紹介しています。

 

 

部屋の中が涼しく感じるには直射日光が当たらず、風通しがよい、

また湿度が低いなどの条件が必要ですが、これらの条件にするにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

まず日射しを遮るにはスダレなどの日除けやゴーヤなどで作る緑のカーテン、窓に日射遮フィルムを貼る方法などがあります。

 

 

また、アスファルトやコンクリートなどを冷やすための打ち水も効果的です。

夕方に打ち水をすると夜間の路面温度を低めに抑えることにつながります。

 

 

さらに、風通しをよくするには二ヶ所の窓を開けて風の流れを作ることが重要です。もし高いところに窓があるなら、上に貯まった熱い空気を出すために開

ける方がよいでしょう。

エアコンを効率よく使って節電と熱中症予防を両立させる

節電を優先するあまりエアコンを使わずに体調を崩すことを防ぐには、効率のよいエアコンの使い方で節電を目指しませんか?

 

 

基本的なことですが室温設定は28℃にし、肌に風が当たると涼しく感じるので扇風機を合わせて使うのがおすすめです。

また、エアコンの効率をよくするにはフィルターをマメに掃除し、室外機を熱くしないためにそばに物を置かず、日除けなどをしておきましょう。

熱中症を予防するためのグッズを利用する

電気を使わずにカラダを冷やすグッズとして保冷剤を入れたバッグを背負う「アイスリュック」や水で濡らしたスカーフを首に巻いて使う「サマー・クール」などがあります。

 

 

また、夜間の熱中症対策にはジェルパッドを冷蔵庫で冷やして布団に敷くタイプなども登場しています。

運動で暑さに強いカラダをつくって予防する

熱中症予防のためには汗をかく機能を高めることが重要です。

暑さに注意しつつ外で軽い運動をしたり、運動が難しい場合には半身浴などで汗をかきやすいカラダにしましょう。

 

 

本格的な暑さを迎える前に始めておくことが大事です。

熱中症を予防するための5つの声かけ

環境省は熱中症予防声かけプロジェクトとして

「温度に気をくばろう・飲み物を持ち歩こう・休息をとろう・栄養をとろう・声をかけ合おう」の5つの声かけを勧めています。

 

 

いずれも意識すれば実践できそうですね?早速、取り組んでみませんか?