• HOME
  • エコ
  • 今すぐ家庭の電気で実践できるエコ
エコ

エコ

今すぐ家庭の電気で実践できるエコ

公開日:2015.11.08
facebookでシェア twitterでつぶやく
今すぐ家庭の電気で実践できるエコ

エコの意識で大きく変わる

 

毎日のように使用している電気代について気にしている家庭は多くあります。

しかしながら、必要であるものを削減するなんて、となかなか節約に踏み切れていない人も多いです。
無駄に使用している電気はない、と思っている方も多いですが、意外な所で無駄に電気が使用されている場面が多くあります。

一つ一つ、電気が使用されている部分を見直すことで毎月の電気代を大きく削減することができ、電気の節約がエコにもつながります。

 

待機電力を使っている機器たち

 

使用していない時は電源をオフにする電化製品が多くあります。

オンオフの機能がついているテレビやパソコン等は、電源を切っているので一見電気を使用していないと考えがちですが、実は電源を付けていない状態でも電気が使用されています。

待機電力と呼ばれるこの電気は、電源を入れた時にすぐに使用できるように一定の電気が流れ、待機しています。
ラジカセ等の音楽を聴くコンポや扇風機等も、電源を切っていてもコンセントをつないでいる状態であれば、待機電力が流れている可能性が高く、使用していないのに常に電気が使用されている、という無駄な状態となっています。
使用していない機器は、電源を切るだけでなくコンセントを抜き、完全に電気が流れないようにすることで電気代を節約することができます。

 

電気が漏れている事がある

 

毎日のように使用する電化製品はついついコンセントをさしっぱなしにしてしまう場合が多いです。

しかし、長く使用しているとコンセントの上にホコリがたまってしまい、またしっかりとプラグが刺さっていない場合はホコリと電気が絡まり、微弱なショートが頻繁におきます。
ぱちぱちと小さな音がする程度であれば大丈夫、とあまり危険視していない人も多いですが、ひどい場合は他の物に発火し火事になる恐れがあります。

また、電気が漏れているので必要以上に電気が消費されることとなり、無駄に電気を使用している事になります。

こういった電気漏れを防ぐためには、定期的に掃除を行うことが大切です。

月に1度でもいいので電気の使用を控える時間を作り、コンセントをさしっぱなしにしている電化製品を一度コンセントを抜いて積もったほこりを掃除したり、必要であればプラグの交換を行います。

定期的に電気について気に掛けるようになると意識も高まり、電気を無駄使いしている事に気づきやすくなります。

使わない電気は消す、昼の時間はカーテンを開けて電気を消す、等、電気の節約に対して積極的になるのでお勧めです。
また、2016年には電力自由化が始まり一般家庭でも注目すべき所です。

よりエコに気を使っている企業から電気を購入することで、さらに電気代の節約やエコへの貢献につながっていきます。

 

2