エコ

エコ

グリーン投資減税とは

公開日:2016.01.20
facebookでシェア twitterでつぶやく
グリーン投資減税とは

グリーン投資減税は、最新の技術を使った効率が非常によ省エネルギー設備や低炭素設備、再生可能エネルギーの設備への投資を支援する制度です。

グリーン投資減税が対象としている設備を購入して、それを1年以内に事業用として使用した場合に減価償却資産の特別償却や税額控除ができる仕組みです。

ただし、税額控除に関しては中小零細企業のみが対象となります。

このグリーン投資減税はエネ革税制と比較されますが、違いは対象になる設備と即時償却の有無があります。

また、特別償却制度とは、一定の減価償却資産を得たときには、普通償却限度額以上の償却限度額を認める制度です。

このメリットは早期に償却することができるため、課税の繰り延べできます。

また、特別償却不足額を、1年間繰越えた時と特別償却準備金を繰り入れることも認められているのです。

 

対象設備 太陽光、新エネルギー

 

対象設備はいくつかあります。太陽光発電設備は、太陽光エネルギーを電気に直接変換できるもののなかで、工業標準化法の17ー1に規定されている、日本工業規格に定めている真性変換効率が13、5%以上のもので、設置する架台や集光装置、蓄電装置などもふくまれます。

新エネルギーを利用した設備も対象になります。

中小水量発電設備は水力エネルギーを回転力に変更でき、電気を発生させるものになります。

この時の発電量は30000キロワット未満のものに限ります。

また、水車と発電機を同時に設置したときも対象になります。

この他にも水圧管やヘッドタンク、放水路など設備も含まれます。

水熱利用設備は河川や海水を利用した採水設備と採熱用交換器などの設備があるものになります。

また、下水を利用した採水装置があるもの対象になります。

他にも新エネルギーを利用した雪氷熱利用設備やバイオマス利用設備などもあり、風力発電設備も対象になっています。

 

対象設備 電気自動車、充電設備

 

電気自動車も対象になっています。

リチウム蓄電池を電動力としていて、回転子に永久磁石を使っている電動機で駆動する自動車で、半導体インバータ式の制御装置がついており電動機をきちんと制御する車でないと対象になりません。

また、電気自動車を充電する電気自動車専用急速充電装置も対象になります。

ただし、専用電子計算機の信号に反応し自動的に電気の供給量を制御できるシステムが搭載されていて、出力が定格で10キロワットのものでなければなりません。

プラグインハイブリッド自動車も対象で、これは原動力が内熱機関とリチウムイオン電池の自動車で、外部から充電できるシステムが搭載されているものになります。

他の機会減価償却資産は、コンバインドサイクル発電ガスタービンや高効率型電動熱源機などがあります。

 

30