• HOME
  • エコ
  • キッチンで効果的に「節水」する方法とは?
エコ

エコ

キッチンで効果的に「節水」する方法とは?

公開日:2015.07.30
facebookでシェア twitterでつぶやく
キッチンで効果的に「節水」する方法とは?
キッチンは意外に水を使う場所です。お風呂とほぼ同じ、家庭内で使う水の23%がキッチンから出ています。なので節水すれば水道代も減らせてエコですね。今回はそんなキッチンの節水テクニックをご紹介します!

キッチンでどれくらい水を使っているの?

キッチンでは1日に約120リットルの水を使うといわれています。

たとえば1分間水を出し続けた場合、12リットルの使用量となるので1日10分間は皿洗いや食べ物を洗ったり、手洗いなどで水を使っている計算です。

 

 

とりわけ洗剤を使うため、食器洗浄に時間がかかり、その分水を多く使います。
つまりキッチンで節水する場合、いかに工夫して少ない水で洗い物ができるかが勝負の分かれ目になります。

<検証>もっとも効果的な節水対策~キッチン編

いくつか節水方法をご紹介しましょう。

 
・水をこまめに止める
キッチンもシャワーも層ですが、水の出しっぱなしを防ぐことが節水への第一歩です。

 

 

・水をためてすすぎをする
キッチン用の洗い桶を手にれましょう。そこへ水をため洗った食器をすすぐと、節水できます。

 

 

・ガンコな汚れはつけ起き洗い
つけおき用の洗剤を使えば油汚れを落としてくれるのですすぎの時間が短縮できます。

 

 

・米のとぎ汁を再利用
夏場なら庭に散水したり、植木等の水に使うなどできます。

 

 

・油がついた食器は紙でふく
水につける前に紙でふき取っておくと、他の食器にも油がうつらないので賢いやり方です。

キッチンの節水に役立つ商品を紹介

まずはこちら
食器洗いにおすすめ!
「ズビズバR水だけでOK!アクリルスポンジ」

洗剤を使わずに汚れが落ちるので、すすぎの時間を大幅に短縮でき、節水できます。

 

 

「クックパーフライパン用ホイル」

フライパンにしいで使うタイプのホイルです。

フライパンを洗わずにホイルを変えればOK。

中央を折り曲げても使えるので便利です。

 

 

「水栓金具」

たとえばクリナップのこちらの水栓金具なら、1日に16リットルもの水を節水することができます。

 

 

ついつい出しっぱなしにしたり、無意識に水流を強くしてしまう方は導入してみては?