• HOME
  • エコ
  • 電力自由化で知るエコのある暮らし
エコ

エコ

電力自由化で知るエコのある暮らし

公開日:2015.11.26
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化で知るエコのある暮らし

気負わずに始められるエコロジーライフの実践

 

近年のエコロジーブームで、関心を持つ人も多いエコ活動ですが、一体なにを始めればいいのかわからないという事もい多いようです。
目指すものが、地球温暖化対策や地球資源の節約などスケールが大きいこともあり、二の足を踏むことも多いとも聞きます。
しかし、この活動は多くの人の小さな積み重ねが重要なのです。
たとえば、ゴミ出しのリサイクル資源の選別や、使わない電気を消すなども小さいけれど大切なエコロジーライフの一歩なのです。
気負わずに長期間にわたって意識をしていくことが大きな目標を達成する力につながるのです。
まずは無理なく出来ることから、少しずつ取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

発電方法も選べる時代?

 

省エネブームに加え、2011年の東日本大震災以降、急激に電力に関する人々の関心も高まってきました。
日本の発電を担ってきたのは火力発電です。
原子力反対の気運の中、火力に頼る部分はさらに大きくなりましたが、資源を輸入に頼る日本にとってそれは大きな負担となっています。
海外では再生可能エネルギー発電の普及が進み、ヨーロッパでは全体の2割を超える発電量を誇る国もあります。
未だに、全体のわずか数%しか再生可能エネルギーによる発電力を持たない日本も、今後は少しずつ導入が進んでいくことが予想されます。
2016年から、日本もようやく電力の完全自由化となります。
これにより、今まで地域の専売事業であった大手電力会社から自由に新電力に契約を変更出来るようになります。
現在のところ、供給量も少なく安定してエコ発電の電力のみを使用するのは難しそうですが、将来的には可能になるかもしれません。

 

節電もスマートハウスなら簡単です

 

普及は始まったばかりですが、家中の電力等を一括で管理出来るスマートハウスが登場しています。
外出時にも、パソコンやスマホなどの端末で電源を操作したり蓄電したり出来ることから、今後普及が進めば省エネにも大きく貢献出来ることでしょう。
電力自由化に伴い設置が急がれているスマートメーターと、各家庭の電力の管理を行うHEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)が連携すれば、電力等のエネルギー管理を全て自動で行うことも出来るようになるのです。
制度の導入により、他にも様々な使い方が検討されており、より便利でエコに貢献するシステムとして期待されています。
ハウジングメーカーなどでは、スマートハウスのモデル展示をしている所もあるので、未来の家を体感してみてはいかがでしょうか。

 

1