ガス自由化

ガス自由化

ガス自由化によって起きるガス業界の変化とは

公開日:2017.07.10
facebookでシェア twitterでつぶやく
ガス自由化によって起きるガス業界の変化とは
ガス自由化が開始される事により、今まで単一事業
者の独占状態だったガス業界に、大きな影響が出る
事になります。ガス利用契約の顧客獲得の為に、
ガス事業者間で競争が激化したり、ガス料金の是正
が行われる事により、ガス料金の高騰が抑えられる
などです。
家計を抑えられる可能性も高い、ガス自由化による
影響について見てみましょう。

電気に続いてガスも自由化に

既に一般家庭も含む小口契約者向けの電力は自由化していますが、今後はガス事業の自由化も開始する事が決定しています。 プロパンガスや大口契約者向けのガス事業では、既に事業者を自由に選ぶことができるようになっていますが、家庭における都市ガスの利用契約は、いまだ単一事業者による契約となっています。 電気・ガス共に私達の生活の上では欠かせないインフラだけに、単一事業者である事による様々な問題点も発覚しました。 その問題点の解決の為、そしてガス市場に競争を生む事による経済効果など、ガス自由化がガス業界にどのような影響を与えるのかについて見てみましょう。

ガス料金が適正なものに

今まで都市ガスを利用契約する場合には、多くの事業者から選択するのではなく、地域ごとに定められた単一事業者と自動的に利用契約が行われる形になっていました。 その為、単一事業者の設定するガスの利用料金なども提示されるがままに支払っていました。 そして、事業者がガスの料金値上がりを行った時にもそれに従わなければいけませんでした。 ガス市場に、多くの事業者が参入する事により理由が分からないガスの料金値上げなどが抑制されたり、ガス料金の高騰化を抑えたりする効果が期待されています。 また、今まで不透明だったガス料金の設定方法もより明確な物になる事も期待されています。 そして、ガス事業者が増える事により、ガス市場には顧客獲得の為の競争が生じる事になります。

顧客獲得競争がもたらすメリット

ガスの利用顧客を獲得する為に、ガス事業者はそれぞれで魅力的なガス料金プランやサービスを提供しますので、私達の家計に良い影響があると予想されています。 月々に支払うガス料金は、必ず発生する料金の為、基本料金を抑える事ができれば、月ごとに見ると微々たる割引率だったとしても、一年単位、十年単位で考えれば大きな割引となります。 また、ガス事業を展開する事業者の、他サービスを同時利用する事によって更に割引率が高くなるセット割りや、ガスに関するサービスを受ける事により、他の事業サービスを受ける事ができる付帯サービスなどもあります。 例えば、電気事業者がガス事業に参入し、電気とガス利用をその事業者でまとめると、割引が適応される、などです。 ガス市場での顧客獲得による競争が激化すれば、電力市場とも相まって、より高い経済効果が出せる事が期待されています。 割引率の高い事業者を選ぶ事により、家計のスリムアップも図る事も可能になりますので、ガス自由化の波に乗ってみましょう。