電力自由化とは

電力自由化とは

電力自由化の自家発電への影響

公開日:2016.07.29
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化の自家発電への影響
環境の意識の高まりにより、自家発電が増えるという予測も聞かれます。 自家発電に取り組むところが増えると、売電価格が下がる懸念もありますが、買取側の業者が増えると、反対に市場が活性化される期待もされています。 自家発電は急な停電の対策としても、リスク分散にも一役買うでしょう。

 

電力自由化では、さまざまな新電力会社が登場します。

新電力はそれぞれの個性を出しながら、顧客にできるだけ訴求量のあるプランを提示しています。

こうしたプランを多く目にすることで、電気の契約について詳しくなる消費者が多くいると考えられます。

ただ、電力自由化の目的は、電気料金水準の引き下げだけではありません。消費者が自ら、特定の発電方式を重視する電力会社を選択できるようにする目的もあるのです。

この目的に関連する形で、自社の電源構成が、クリーンエネルギーが大半であることをアピールする企業も出てきています。

こうした環境への配慮がアピールされれば、一般人の環境意識も高まると期待されます。

環境意識の高まりが幅広い層で見られれば、自宅の屋根に太陽光パネルを設置するなどの行動をする家庭が増加する可能性があります。

電力自由化は、環境への意識を高め、実際に環境に優しい行動を促すメリットもあるのです。

 

売電価格が高騰し、自家発電がビジネス化することも

 

電力自由化に伴って、新電力会社が増えると、電気の買い取りを行う事業者も増える可能性があります。

こうなると、これまでは地元の電力会社に比較的安い価格で売電していたのに代えて、新電力に高値で売電使用という企業や個人が出てくると考えられます。

こうした動きが加速すれば、売電価格が高騰することもありえます。

また、環境意識の高まりから自家発電に取り組むところも出てくる見通しです。自家発電に取り組む主体が多くなりすぎると売電価格が下落しかねません。

しかし、電気を売ってくれる主体が多くなることで、余剰電力の買い取り市場が更なる発達を見せることも考えられます。

買い取り市場の規模が大きくなれば、より適正な価格での売電が実現しやすくなるといえます。

売電が安定したビジネスとして成立するなら、売電分野でも新規参入企業が多くなる可能性があります。

 

自家発電はリスク分散にも役立つ

 

自家発電は、単に利益を得られるチャンスがあるだけではありません。

電力会社から電気の供給を受けている場合は、発電所や変電所などのトラブルによって、停電が発生する可能性があります。

停電が長時間にわたって発生すると、生活やビジネスに影響が出かねません。

こうしたトラブルが発生した際、自家発電ができる設備があれば安心です。

自家発電を行うことは、リスク分散の観点からも一定の意義があることがわかります。

また、電力会社のトラブルだけではなく、災害時にも自家発電設備が活躍できます。

災害時にはラジオなどといった情報を得るための機器すら、電池の不足などによって使えない場合があります。

企業や学校などが自家発電設備を備えていることによって、当面の生活のために最低限必要な電力を確保しやすくなります。

 

49電力自由化の自