電力自由化とは

電力自由化とは

電力自由化で契約後にかかるペナルティとは?

公開日:2016.07.13
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化で契約後にかかるペナルティとは?
消費者にとっては料金の値下げが見込まれる電力自由化。 小売事業者は価格を下げるため、携帯電話のように年単位の契約プランを打ち出しています。 年契約をすれば料金は抑えられますが、契約途中の解約にはペナルティが課せられることもありますので、契約時には内容をよく確認しましょう。

 

電力自由化によって多くの企業が電力の分野に参入してきました。
多くの企業が入ってきたことで、それぞれ契約の形は異なります。
契約内容については契約前に書面にしっかり記載されているのですが、よく書面を読まずに契約してしまうこともあります。
そのときにチェックしていただきたいのが、短期間の契約でペナルティが発生するかどうかです。
契約期間などを定めていない会社もあるため、短期で契約を解除しても特にペナルティは要求されないこともあります。
しかしながら、短期の契約解除はペナルティが発生する可能性があるという記載があったり、そういった記載がなかったとしても事務手数料として数千円が要求されることもありますから、事前に契約解除の場合はどうなるかを確認しておきましょう。

 

年間契約中に解約する場合のペナルティ

 

携帯電話でも、年間契約中に契約解除する場合はペナルティの解約料を要求されることも多いと思います。
ですから、電力自由化の後は携帯電話と同じように途中で解除する場合はいくらかのペナルティが要求されることがあると覚えておきましょう。
年契約をするということは、その年数分だけ契約をし続けるという約束のもとに、いくらかのメリットがあったはずです。メリットがある分だけ違約金もある程度要求されるのは自然なことと言えるかもしれません。
年契約の場合は解約しても解約料がかからない月が決められており、その月以外に解約するとペナルティが発生することになっています。
解約月が過ぎてしまってからの解約の場合、たった1日ずれただけでも再びペナルティが発生してしまいますので、ずれることがないよう注意してください。
事前に解約してもいい月はいつかを確かめておくようにしましょう。

 

セット割引をかけていて解約する場合のペナルティ

 

電力自由化によって、電気とガスを同じ会社で契約する、または電気と携帯電話を同じ会社で契約することでセット割引が出来るようになりました。
二つのものをセットにしたことで、その両方を合わせてかなりの割引ができるお得なプランとなっています。
しかし、このセット割引を解約するときにはペナルティが発生します。
しかもセットで割引をかけているといってもサービスは別のものですから、電気とガス、または電気と携帯電話というようにサービスのそれぞれにペナルティを要求されることになります。
そうなりますとペナルティが高額となる場合もありますので、セット割引を考えている場合はあらかじめ解約した場合のペナルティはいくらぐらいになるのかを確かめておきましょう。

 

19電力自由化で契