電力自由化とは

電力自由化とは

電力自由化に伴う時間帯別料金プランとは

公開日:2016.07.27
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化に伴う時間帯別料金プランとは
会社やプランの選択肢が大幅に増える今回の電力小売自由化。 よく電気を使う時間によってお得になるプランも多数提案されています。 深夜や週末にお得になるプランは、仕事や学校などで不在の時間が多い方は検討してみる価値があるでしょう。 また、特に偏りがない場合は、時間帯を問わず割引になるプランも検討してみましょう。

 

電力自由化によって電力会社の選択肢が増えます。それとともに、契約できるプランの種類も豊富になります。

では、具体的に時間帯別にお得になる料金プランを見てみましょう。まず、夜間に電力使用量が多いなら、深夜電力系のプランを選択できます。

このタイプのプランでは、日中の電気代がやや割高になるものの、夜間の電気料金が割引になります。

日中は仕事などでほとんど外出している場合は、深夜電力系プランがお得になります。もっとも、電力会社ごとにお得になる時間帯が異なります。

そのため、夜の7時以降に電力使用量が多いのに、夜9時以降の料金だけが割安になるプランを契約する、などといったことがないように注意しましょう。

また、単純に時間帯だけで料金レートが区別される場合は、休日の昼間に電気を多く使うと、結局トータルの電気代が高くなってしまうこともあります。

自分の家庭でどの時間帯に電力を使っているのかをきちんと把握した上で、適切なプランを検討しましょう。

 

土日がお得なプランも登場

 

さまざまな新電力が登場する中で、土日の電気料金がお得になるプランを提供する会社もあります。

平日はほとんど外出している一方で、仕事が休みになると家にいることが多い場合は、土日がお得になるプランを選択してみましょう。

また、すでにリタイアした人などは、観光地などが比較的すいている平日に外出を増やし、土日の外出を減らせば、電気代がお得になる可能性があります。

このように、電力自由化後の契約プラン選択は、自らのライフスタイルを見直す機会にもなるといえます。

無理をしてまで見直す必要はありませんが、ライフスタイルの見直しによって電気代が削減できれば家計の節約にもつながります。

 

時間帯を問わず割引になるプランも

 

夜間や土日など、特定の時間帯や曜日に電気を多く使う人だけでなく、時間帯を問わずに電気を使う人も、電力自由化でお得になる可能性があります。というのも、時間帯別ではない料金方式でも、新電力が魅力的なプランを提供しているケースがあるからです。

新電力では、電気を多く使う家庭向けによりお得なプランを提供する傾向があります。電気代が高いと悩んでいるなら、1日を通じてまんべんなく電気を使う家庭でも、電力会社の変更を検討してみましょう。

また、特定の時間帯に電気を多く使っている人でも、偏りがそれほど大きくなければ、通常プランのほうがお得になることもあります。

プランの名前だけにひかれて契約するのではなく、実際にどのプランでどのくらいお得になるのかを試算したうえで、契約するプランを決定しましょう。

 

45電力自由化に伴