電力自由化とは

電力自由化とは

電力自由化による技術力の向上

公開日:2016.07.24
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化による技術力の向上
電力自由化により新規企業がこぞって、電気という市場に参加します。他の企業と差別化を図るために大切なことは、新しいことを考えるのではなくてすでにあるものを思い出すということです。自社の強みは何だったのかを思い出して、それを磨くことによって他の企業との差別化を図ることができて利益を得ることができます。例を取り上げながら説明します。

 

2016年4月から電力自由化が開始されます。
これにより、各家庭や個人が地域の電力会社に縛られずに好きな電力会社の電気を購入して使うことができます。
企業側としては少しでも利益を上げるために、新たな事業戦略を考えているでしょう。
その1つが、自社の技術力の向上です。
利益を上げるためには料金プランを考えることも1つの手段ですが、これは多くの企業がしていることですので、差別化はできません。
どうすれば他の企業との差別化をすることができるのかというと、すでに持っているものを磨くということです。
自社の強みを伸ばして、それを生かすことで他の企業との差別化を図ることができ、売り上げを上げることができるのではないでしょうか。

 

技術力向上で雇用も上がる

 

電気と同じエネルギーとして、石油があります。
石油は数年前からなくなると言われていましたが、未だになくなる気配はありません。
どうして石油が枯渇しないのかというと、技術力の向上によるものです。
技術力が向上したことにより、例えば石油がある固い地殻に対しても掘り進めることができました。
アメリカでは「シェール革命」と呼ばれる時代があって、シェール(頁岩)と呼ばれる地層から大量の石油・天然ガスを採取することができました。
これにより、アメリカは今まで自然エネルギーを中東に頼っていた輸入国でしたが、シェール革命により輸出国になりました。
またアメリカはシェール革命により、大量の雇用が生まれ雇用問題も改善されました。
日本も天然エネルギーの輸入を中東からアメリカに変更しました。
このように、技術力の向上は国の経済を急上昇させる力があります。

 

効率化が求められる

 

今の時代に求められているのは、効率化ではないでしょうか。
車を例にしてみると、年々燃費の良い自動車が生産・販売されています。
少ないガソリンで長距離を走る車は消費者にとっては魅力的です。
効率化によって日本はエネルギー依存から脱却できると考えます。
日本は元々、技術力の高い国です。
海外からのエネルギーに頼らずに、太陽光発電や風力発電でもっと効率よく電気を生産できれば、国の経済は立て直すことができると思います。
電力自由化を十分に活かす方法として、オール電化があります。
すべての生活用品を電気で動かせるようにするというものです。
なので太陽光発電で発電される電気の量をもっと増やせるように、企業や政府に期待したいところです。
そのためには、これから手に入れるのではなくて、すでに持っているものをとことん磨いていきたいです。

 

40電力自由化によ