省エネ・節電

省エネ・節電

注文住宅の設計や建築時は省エネ化するチャンスです

公開日:2017.01.16
facebookでシェア twitterでつぶやく
注文住宅の設計や建築時は省エネ化するチャンスです
注文住宅の設計・建築はお住まいを省エネ設計にするチャンスです。 断熱工法など家の構造自体の省エネから、太陽光発電の設置やオール電化住宅、スマートハウスなど新しい機能を盛り込み、エネルギー効率に優れ地球環境に優しく、光熱費も抑えられる注文住宅を設計してもらいましょう。

 

依頼者の希望に添って設計、建築ができる注文住宅はお住まいを省エネ化する最もスムーズで効果が出やすいチャンスでもあります。
たとえば、電気代の節約や地球温暖化防止にも役立つ太陽光発電を設置したいと思っても、既存の住宅や屋根の構造、家の向きなどが決まっている分譲住宅などでは太陽光発電の設置自体が難しかったり、設置しても思うような日照量が得られず、宝の持ち腐れとなることもあります。
これに対して、注文住宅なら最初から太陽光発電の設置を想定して、設計、建築ができるので、ベストな状態での設置が可能となります。

 

構造や工法で省エネ

 

注文住宅においては構造や工法も選ぶことができ、省エネに役立つ断熱性能の高い住宅を建てられる業者に依頼するなど、設計、建築する業者も選ぶことができます。
地球温暖化防止や冷暖房効率のアップ、光熱費の削減、結露防止など多彩な観点から夏は涼しく、冬は暖かい住宅を造るための工夫をしているハウスメーカーや工務店が多彩にありますので、よく研究をして、その地域の気候や気象条件に適した省エネ設計ができる業者を選びましょう。
魔法瓶のように高い断熱性を保てる構造や、壁や床、屋根など様々な部分で断熱性能を高める工法が登場しています。

 

最新の機能で省エネ

 

注文住宅を建てる場合にはご予算に合わせつつ、最大限に省エネの仕組みを導入することが可能です。
初期投資が高くなっても、光熱費が抑えられ、ランニングコストが安くなるので、長い目で見ればトータルコストが抑えられます。
昼間の電気代をカットし、余剰電力の売電収入も期待できる太陽光発電をはじめ、潜熱回収型でエコでエネルギー効率のいい省エネ高効率給湯器の導入、ガス床暖房の導入による冬場の室内の効率暖房、太陽光発電と深夜の安い電力を活用するオール電化住宅など多彩な選択肢から、立地や環境、希望に合わせて選択ができるチャンスです。
住宅のエネルギー効率や無駄なエネルギー利用をコントロールできるシステムを導入するスマートハウスなども、既存の住宅のリフォームでは難しいですが、新築の注文住宅ならスムーズに導入ができます。
電力自由化やガス自由化でお得な料金メニューやプランも登場していますが、新たな料金プランを活用した光熱費の節約も、新たに建てる住宅ならスムーズに導入ができ、既存の電気やガスの契約からの乗り換えや切り替えもスムーズにできます。
既存のお住まいではなかなか難しい契約切り替えもしやすいチャンスですので、設計段階で十分に検討していきましょう。

 

08注文住宅の設計や建