• HOME
  • 電気料金
  • 電力自由化で料金引き下げのチャンス到来、乗り換えを検討しよう
電気料金

電気料金

電力自由化で料金引き下げのチャンス到来、乗り換えを検討しよう

公開日:2016.07.22
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化で料金引き下げのチャンス到来、乗り換えを検討しよう
電力自由化により地域独占だった大手電力会社だけでなく、新電力への乗り換えが可能となりました。料金プランも多様化し、乗り換えにより電気料金だけでなく他の光熱費や通信費も安くなる方法もあります。

 

わが国ではこれまで電力供給は大手電力会社が地域独占で行ってきました。
関東圏や関西圏、北海道や東北圏など一定の広いエリアに1社しか電力会社がなく、そこに暮らす人や事業を行う人はいわば当たり前に大手電力会社を利用してきたのです。
ですが、電力自由化により新たな電力会社の参入が可能となり、自由に選ぶことができるようになります。
ライバルが増えたこともあり、大手電力会社でも新しい料金プランを登場させるなど選択肢が増えることとなりました。
ご家庭ごとの電気使用状況やライフスタイル、家族構成に合わせて最適なプランを探して、契約の乗り換えが可能になります。
電力の供給も従来の火力発電や水力発電、原子力だけでなく、太陽光発電や風力発電、バイオマス発電など多彩な発電方式が登場していますので、料金の比較だけでなく発電方式にも着目して乗り換えを検討してみましょう。

 

比較基準を見出し身近なところから検討開始

 
電力自由化にあたり乗り換えを検討する際には、まずは身近なところから検討すると分かりやすいかもしれません。
まずは、他社の情報を集める前に現在契約している大手電力会社で新たな料金プランが導入されていないか確認してみましょう。
ホームページなどでシミュレーションができるようになっており、家族構成や現在の使用量、使用パターンなどを選択すると最も有利な料金プランやおすすめの料金プラン、各プランの予想料金を提示してくれます。
この有利な料金をベースに新電力のプランを比較していくと、比較基準ができて検討しやすくなります。

 

電気料金以外も比較

 

既に何らかの情報を得て気になる新電力がある方はその業者との比較から始めてもいいですが、特に新電力の情報をお持ちでない方はご自身と身近な会社から検討を始めましょう。
ご家庭で利用しているガス会社や携帯電話会社などでも新電力事業を行っているためです。
現在利用中の電力会社の新プランやガス会社、携帯電話会社のプランを利用する場合、既存の契約があるため、比較的乗り換えもしやすいメリットがあります。
ガス会社の場合、電気料金とガス料金がセットで安くなったり、携帯電話会社の場合は携帯電話料金とのセットで安くなるプランが提供されています。
電気料金だけでなくガス料金が高いと思っている方はガス会社のプランでシミュレーションを試してみましょう。
また、家族みんなの携帯電話料金が高すぎると思っている方なら、携帯電話会社各社のプランを比較してみましょう。
電気供給契約と併せて、この機会により有利な携帯電話会社への乗り換えも検討に値します。

 

37電力自由化で料