• HOME
  • 電気料金
  • デスクトップパソコンの消費電力と電気代を節電・節約!
電気料金

電気料金

デスクトップパソコンの消費電力と電気代を節電・節約!

公開日:2015.07.09
facebookでシェア twitterでつぶやく
デスクトップパソコンの消費電力と電気代を節電・節約!
日々、進化しているデスクトップパソコンの機能面には詳しいと言う方でも、なかなかデスクトップパソコンの消費電力まで知っているという方は少ないようです。今や、一家の必需品、ご家庭の机の上や側で活躍しているデスクトップパソコンの消費電力を知り、節電ポイントを探ってみたいと思います。

デスクトップパソコンの消費電力量は使用状態で違う

デスクトップパソコン本体の消費電力と液晶モニターの消費電力とには違いがあります。また、デスクトップパソコン本体に多くの負荷がかかった状態、様々な作業形態で消費電力も変わります。

 

初歩的なことでは、デスクトップパソコン起動時(電源を入れたとき)の消費電力はアイドル時(起動後何も作業をしていないとき)よりは大きくなり、それより消費電力が高くなるのはブラウザ起動時(ウェブブラウザを起動または、ブラウザで新規にページを開いたとき)です。でも、ページを開いたまま何もしないでいると消費電力はアイドル時とほぼ変わりません。

 

液晶モニターの消費電力はほぼ一定ですが、液晶の輝度(バックライトの明るさ)が明るいと消費電力が大きくなり明るさを抑えると消費電力が小さくなります。液晶の輝度の設定を変えることで消費電力を小さくすることができますので節電ポイントになります。

 

次は、これらのことを踏まえて、年式の違いから生じる消費電力の違いが電気代にどのように影響しているかを調べてみましょう。

こんなに差がでるデスクトップパソコンの電気代

各家庭での一か月の電力消費量は 年々増加傾向にあり近年は300kWh に達する勢いです。

 

このうち、一日平均3時間デスクトップパソコン使用したとすると、家庭における消費電力量のおおよそ4%強がデスクトップパソコンの電力消費量にあたります。大変少ない数字なのが意外ですね。もともと、デスクトップパソコンは大変電力消費量のすくない電気機器とも言えます。

 

マウスコンピューターのLUV MACHINES で3年前の消費電力と現在の消費電力で電気代の試算をしてみましょう。(一日の使用時間8時間で試算※1Kwh27円)

 

 

・3年前160W/5.92円 47.36×30日=1420円

・現在76w/2.81円  22.48×30日=674.4円

 
50%以上の差がついていることに驚かされます。

節電・節約は消費電力の少ないエコ電力設計から

日進月歩で進化し続けるパソコンは高い機能を備えながら、より少ない消費電力で使用できるようになっています。バージョンが変わるたびに省エネ機能が上がり、ハードウェアもエコ電力設計になっているようです。

 
節電と電気代の節約を考えると古いパソコンを使い続けるより思い切って新しいパソコンの買い替えを検討してみることも必要かもしれませんね。払い続ける電気代の差額で新しいパソコンの購入も可能ではと思える試算結果になりました。