• HOME
  • 電気料金
  • 簡単にできる!電子レンジにかかる電気代を節約する方法
電気料金

電気料金

簡単にできる!電子レンジにかかる電気代を節約する方法

公開日:2015.08.10
facebookでシェア twitterでつぶやく
簡単にできる!電子レンジにかかる電気代を節約する方法
今や日々の生活に欠かせないものとなった電子レンジ。普段の食卓からこどものお弁当まで、とても重宝しますよね。場合によっては、ガスコンロを使うよりも電子レンジの方が安くて簡単にできることが知られていますが、実際のところ電子レンジにはどのくらいの電気代がかかっているのでしょうか?今回は、意外と知らない電子レンジの電気代とその節約法をご紹介します。

電子レンジの種類と特徴

電子レンジには大きく分けて3つの加熱方法があり、その組み合わせによって電子レンジの種類は3つに分けられます。

 

・単機能レンジ

マイクロ波のみを搭載した、温め機能に特化している電子レンジです。

比較的安価なものが多く、サイズも小さめです。

 

・オーブンレンジ

マイクロ波のみの電子レンジに加え、オーブンとして使えるヒーターを搭載した電子レンジです。

パンのトーストやお菓子作りにも使えるので、色んな料理に挑戦できます。

 

・スチームオーブンレンジ

マイクロ波とヒーターに加えて、スチーム機能が搭載された電子レンジです。

最近の電子レンジは、この「スチームオーブンレンジ」が主流となっています。

サイズは他のタイプよりも大きめなので、キッチンのスペースを有効に使う必要があります。

このように様々な機能が付いている電子レンジですが、どのくらい電気代がかかっているのでしょうか?

 

電子レンジの電気代ってどのくらい?

現在主流となっているスチームオーブンレンジを使用したときの消費電力は、主要メーカーの製造する機種の場合で1,300W~1,450kW程度です。

 

電子レンジを1日に10分使用すると仮定すると、1日当たりの電気代は5.8円~6.5円、1ヶ月当たりで174円~195円という計算になります。

 

これを1年間に直すと2,135~2,380円ほどです。

※1kWh当たりの電力量料金は27円として試算しています。

 

意外と知らない電子レンジ節約法

このように元々あまり電気代のかからない電子レンジですが、当然ながら使えば使うほど電気代はかかります。

 

そこで、ちょっと知っておくだけで簡単に電子レンジの電気代を節約できる方法をご紹介。

意識するだけですぐに実践できるので、この記事を読んだ今日から試してみてください。

 

・熱効率を考えよう

レンジの中に皿があって、それが回転するタイプの電子レンジの場合、なんとなく皿の真ん中は一番熱が伝わりやすい気がしますよね?

しかし、実は一番熱が伝わりやすいのは皿の「外側」なんです。小さめの食品を加熱する場合は、外側から優先して置くと良いでしょう。

また、2つ以上の食品を同時に温める際は、2つの間隔をなるべく離すようにしてください。

こうすることで熱を無駄なく伝えることができ、加熱時間を短縮できます。

 

・冷凍は小分けにしてから

かたまり肉を冷凍する際などは、冷凍する前に小さく切ってから冷凍するのがポイントです。

大きなかたまりのまま冷凍してしまうと、いざ解凍しようというときに非常に時間がかかってしまいます。

こうしておけば必要な分だけ取り出して調理できるので、食品の無駄遣いもありません。

 

・電子レンジを掃除しよう

電子レンジが加熱時に発するマイクロ波は、レンジ内のゴミやほこりなどにも反応して過剰に電気を消費してしまいます。

レンジ内は暗くてあまり汚れが見えないかもしれませんが、食品から出た水滴や脂の跡がびっしりこびり付いています。

ですから、定期的に電子レンジの中を掃除するだけで大きな電気代の節約になります。