• HOME
  • 電気料金
  • すぐにできます!掃除機の電気代を節約する方法
電気料金

電気料金

すぐにできます!掃除機の電気代を節約する方法

公開日:2015.08.10
facebookでシェア twitterでつぶやく
すぐにできます!掃除機の電気代を節約する方法
清潔な空間を維持するために、掃除機は欠かせない家電製品です。「ゴミを吸い取る」という基本機能はそのままに、サイクロン方式やお掃除ロボットなど、技術革新も進んでいます。今回は、掃除機の電気代と節約方法についてご紹介します。

掃除機の種類と特徴

床をゴロゴロ引っ張って歩くのが従来の掃除機のイメージでしたが、近年では様々なタイプの掃除機が開発されています。

 

・キャニスター型

掃除機の基本形で、本体に車輪が付いているタイプです。

もっとも一般的なタイプなので、あなたのご家庭にもあるのではないでしょうか?

パワー、吸引力ともに優れています。

 

・スティック型

立て掛け収納できる細いタイプで、場所をとらないのがメリットです。

充電式のものも多くあります。

 

・ハンディ型

狭い場所の掃除に適した小型の掃除機です。

持ち運びも楽々で、収納するスペースも選びませんが、パワーはやや劣ります。

 

・ロボット型

掃除機そのものが床面を移動して掃除するタイプです。テレビで話題になりましたね!

 

・布団クリーナー

布団のダニやホコリなどを取り除くための布団専用掃除機です。

 

・集じん方式は、紙パック式とサイクロン式の2種類があります。

 

掃除機の電気代ってどのくらい?

掃除機を使用したときの消費電力は、大手メーカーが製造する主要機種の場合、270W~850W程度です。

掃除機を1日に15分使用するとした場合、1日当たりの電気代は1.8円~5.7円、1年間なら665~2,094円になります。

 

※1kWh当たりの電力量料金は27円として試算しています

 

掃除機の電気代節約方法とは?

・床面を片付ける

掃除機をかけるたびにテーブルやゴミ箱などを動かして、その都度オン・オフを繰り返せば、停止しているモーターを何度も動かすことになり、当然電気代がかさみます。

掃除機の通り道をあらかじめ開けておきましょう。

 

・フィルターはこまめにお掃除

掃除機にゴミがたまり過ぎると、吸引力が低下してしまいます。

結果的に掃除の時間が増え、電気代もかかってしまいます。

月1 回など定期的にフィルターを掃除・交換してください。

 

・場所に合ったパワーを選択

常に「強」で掃除していませんか?畳やフローリングなどは「弱」でも十分効果を発揮できます。

掃除するお部屋に併せて強弱を切り替えましょう。

自動で強弱を切り替えてくれるオート機能を使うのも有効です。