• HOME
  • 電気料金
  • 知っておくとお得!スマートフォンにかかる電気代を節約する方法
電気料金

電気料金

知っておくとお得!スマートフォンにかかる電気代を節約する方法

公開日:2015.08.07
facebookでシェア twitterでつぶやく
知っておくとお得!スマートフォンにかかる電気代を節約する方法
4人に1人はスマホユーザーだと言われているほど、スマートフォンの普及率は年々上がってきて います。電話やメールはもちろん、写真や動画も気軽に閲覧することができるため便利で使いや すいのがスマートフォンの魅力です。 しかし毎日、そして長時間利用することが多いスマートフォンだからこそ気になるのが、維持する際 にかかる電気代。スマートフォンはいったいどのくらいの電力を消費しているのか、そしてその消 費を抑える方法があるのかについてまとめてみました。

スマートフォンの特徴

スマートフォンは、携帯電話とパソコン両方の機能を兼ねそろえた多彩な使い方ができるのが大きな特徴です。

 

また、最近ではアプリが充実しており、ゲームや学習など幅広いジャンルを利用できるのが魅力です。

Wi-Fi(無線LAN)を使った高速インターネットを活用できる点もスマートフォンの醍醐味となっています。

 

スマートフォンの消費電力

スマートフォンを使用した際に生じるバッテリーの消費電力は、主要メーカーが製造する機種の場合で5.4W~16.8程度です。

 

また、スマートフォンを1回につき1時間程度充電すると仮定すると、1回当たりの電気代は0.14円~0.45円という計算になります。

毎日充電したと仮定してこれを1か月間に直すと4.2円~13.5円となります。

※1kWh当たりの電力量料金は27円として試算しています。

 

ちょっとの工夫で消費電力カット!スマートフォンにかかる電気代を節約する方法

スマートフォン1台の充電にかかる電気代はごくわずかなものですが、家族の人数が多かったり、スマートフォンの劣化によって充電時間や回数が増えたりするとそれだけ電気代は多くかかります。

 

ですからスマートフォンの使い方を見直して、できるだけ消費電力を抑えるように心がけましょう。

 

・画面の明るさを下げる

これは意外と知られていませんが、画面の明るさを下げるだけで消費電力カットに繋がります。

あまり暗すぎると見えづらくなるため、目が疲れない程度に明るさを下げるとよいでしょう。

 

・アプリは完全に終了しておく

待機状態のアプリが多いと、バックグラウンドで多くの電力を消費してしまいます。

使用していないアプリはその都度閉じるようにし、消費電力を抑えましょう。

 

・スリープ状態になるまでの時間を短く設定する

スマートフォンを一定時間使用していないと、自動的にスリープ状態になります。

スリープ状態になるまでの時間は自分で設定できるため、できるだけ短く設定すると消費電力カットに繋がります。

 

・電気料金の安い時間帯に充電する

ご家庭の契約状況によっては、電気料金の安い時間帯と高い時間帯に分かれている場合があります。

充電する際は電気料金の安い時間帯を選ぶようにするだけで、充電にかかる電気代を抑えることが可能です。