• HOME
  • 電気料金
  • 簡単!すぐにできる!食洗機にかかる電気代を節約する方法
電気料金

電気料金

簡単!すぐにできる!食洗機にかかる電気代を節約する方法

公開日:2015.08.09
facebookでシェア twitterでつぶやく
簡単!すぐにできる!食洗機にかかる電気代を節約する方法
一家庭に一台がもはや普通になった食洗機。一度使うとその便利さから手放せなくなる人も多いはず! 台所の救世主とも言える食洗機ですが、毎日使うものだからこそ気になるのが電気代です。 実際には食洗機には、どのくらいの電気代がかかっているのでしょうか? 今回は、意外と知られていない食洗機の電気代とその節約法をご紹介します。

食洗機の特徴

現在販売されている食洗機には大きく分けてキッチンに組み込まれているビルドインタイプと、置き型タイプの2つの種類があります。

 

・食器洗いの作業が丸ごと省略できる

食事後の食器洗いという作業を面倒と感じる人も多いのでは?全自動で食器洗いからすすぎ、乾燥までを一気に完了してくれるのが食洗機です。

作業に取られる時間を別なことに有効活用することもできるようになります。

 

・手洗いしにくい調理器具もすっきり綺麗に

ざるや複雑な形の食器など、手洗いが面倒なものも食洗機で洗うことで簡単に綺麗にできるので、調理がはかどります。

 

・手あれが減る

食器洗いという水仕事による奥様の手荒れやいわゆる主婦湿疹の心配がなくなります。

このように多くのメリットがある食洗機ですが、実際かかってくる電気代はどのくらいになるのでしょうか?

 

食洗機の電気代ってどのくらい?

現在主流となっている食洗機の消費電力は主要メーカーの製造する機種の場合で560~800Wh程度です。

 

食洗機の保温機能を一日2回使用すると、1日当たりの電気代は15.1円~21.6円という計算になります。

 

これを1年間に直すと5,511~7.884円となります。

※1kWh当たりの電力量料金は27円として試算しています。

 

意外と知られていない食洗機の電気代節約法

このように食洗機は家庭によって使用頻度が多くなっていることでしょう。

 

そこで、知っておくだけで簡単に食洗機の電気代を節約できる方法をご紹介します。

ちょっと意識するだけですぐに実践できるので、今日から早速取り入れてみてください。

 

・タイマーを使って夜間使用をする。

夜間に電気代が安くなる地域限定にはなってしまいますが、タイマーで電気代が下がる時間

帯にセットしておく方法です。これだけで電気代はかなり節約可能になるはずです。

 

・乾燥時間を短くする。

食洗機には必ず乾燥機能がついています。

ヒーターによって暖められた空気を循環させることで機内の食器を乾燥させるしくみになっており、乾燥を早く済ませることでヒーターで使われる電気代の節約になります。

 

・電気代だけでなく水道代も節約できる!

意外と水を多く必要とする食洗機。

うまく使えれば電気代のみならず、水道代も節約することもでき、一石二鳥です。