• HOME
  • 電気料金
  • 3人家族の平均的な電気代は?夫婦子1人家庭の節約術
電気料金

電気料金

3人家族の平均的な電気代は?夫婦子1人家庭の節約術

公開日:2015.08.08
facebookでシェア twitterでつぶやく
3人家族の平均的な電気代は?夫婦子1人家庭の節約術
あなたは、自分の家庭の電気代が、高いのか安いのかを把握していますか?こまめに電気を消したりしていても、なかなか節約できている実感ができないのが電気代ですが、ちょっとした習慣の転換や、電化製品の設定で節約することができます。ここでは、夫婦と子ども1人の3人家族の場合の電気代を参考に、役立つ情報をご紹介します。

一般的な3人家族の家庭の電気代は?

あなたは、自分と同じ3人家族の家庭の電気代が、平均いくらなのかご存じですか?

 

2013年の調査では、年間で13万円ほどで、ひと月にするとちょうど1万円ほどです。

電気代は、新たな家電を購入したり、契約アンペア数を引き上げたりすることで値上がりします。

子どもがいる家庭では、成長とともに家電を使う機会も増え、電気代も増えるでしょう。

 

もし今、平均的な料金より低くても、何かがきっかけで電気代がアップしてしまうことがあります。

 

これから子どもが成長していく、新たな家電購入を検討している等の場合は、使う時間を制限するルールを決めたり、省エネ製品を購入するなどして、使いすぎを防止しましょう。

 

ずばり、まず始められる電気代の節約法は?

まずは、お掃除だけでも電気を使わずに行える方法で掃除してみましょう。

 

例えば、掃除機を使わずにほうきと雑巾がけで掃除をすれば、いつもの電気代はかかりませんよね。

掃除は毎日行うという家庭が多数なので、これだけでもほとんどの家庭で、節約が見込めます。

 

また、給湯器などの使用も気をつけて!食器洗いをする際はお湯で洗うという人も多いですが、その際、給湯器を使うのに電気が使用されます。

 

何でもかんでもお湯を使っていると、知らず知らずのうちに電気を使っていた・・・。

ということにもなりかねません。

 

まずは今使っている電化製品の使用頻度を減らしてみたり、使わないようにすると、劇的に電気代が節約できます。

 

夏の季節にできる電気代節約法

夏は気温が高くなるので、冷蔵庫や冷凍庫などに負荷がかかりがちです。

 

とくに、食中毒などがこわいからと、冷蔵庫の設定を最強にしている人もいるようですが、それはあまりに電気を消耗してしまいます。

 

夏でも電気の消費を押さえるには、冷蔵庫内にカーテンをつけること、物を詰め込み過ぎないことが大切です。

冷凍庫も、夏は子供用のアイスなどを保管しておきますが、こちらも最強にする必要はないのだとか。

 

冷凍庫の電気代を節約する場合は、冷蔵庫とは逆に中に物を詰め込んで、冷凍されているものが常に保管されていると、庫内の温度変化が少なくて済みます。

 

まとめ

冷蔵庫や冷凍庫の設定は、一度設定したら触らない・・・という人も多いです。

でも実は、季節によって温度設定を変えれば、年間で数千円の節約ができるのだとか。

ぜひ一度、家庭の冷蔵庫の設定を確かめてみてくださいね!