• HOME
  • 電気料金
  • マッサージチェアを賢く選んで電気代を節約し健康も手に入れよう
電気料金

電気料金

マッサージチェアを賢く選んで電気代を節約し健康も手に入れよう

公開日:2015.07.13
facebookでシェア twitterでつぶやく
マッサージチェアを賢く選んで電気代を節約し健康も手に入れよう
毎日忙しい日々をすごしている主婦の皆さん!今年の母の日には思い切ってマッサージチェアを家族にリクエストしてみませんか。自分で使うのはもちろん夫や両親まで幅広い年代に使えますね。しかも上手に節電すれば、電気代も思ったほどかからないんですよ。家庭でリラクゼーション、なんて贅沢な響きなんでしょう。賢く選んで電気代も節約できる方法、公開します。

マッサージチェアの種類と特徴

マッサージチェアとは、マッサージ機能を搭載した椅子型の機器のことです。電動が主流で背面内部に設置されているローラーなどで肩や背中をマッサージしてくれます。

 

 

機種によっては、手足にマッサージ効果がある機能を備えているものもあります。マッサージチェアには医療機器に該当する医療機関向けのものと、一般向けの家庭用電気マッサージ器に区分されています。家庭用電気マッサージでも、大型サイズのものでは設置場所を良く考えましょう。

 

 

騒音も多少発生するので、集合住宅で使う際にはカーペットや防振ゴムなどを本体の下に敷くなどの配慮も大事ですね。

マッサージチェアの電気代は一か月いくらくらいかかる?

とある家庭用のマッサージチェアの一か月の電気代を調べて見ました。

 

 

消費電力が1時間145Wの機種の場合。一日30分(15分ずつ)を一か月間毎日使った場合の電気代は72.5×0.023=1.6675×30=50.025円。

マッサージチェアの節電対策

マッサージチェアの節電対策は一体どうすればいいのか。

 

 

メーカーや機能で選ぶのはもちろんのことですが、これは商品を購入する際に、少しでも消費電力の小さい機種を選ぶ、ということが手っ取り早そうですね。

 

 

いくつかのメーカーから出ていますが、消費電力は155Wを超えるものからその半分以下の60Wという機種まで様々です。もちろん電気代は半分になるので節電になりますね。マッサージチェアはヒーターを搭載しているものが大半ですが、中にはヒーター搭載でない機種もあり、そこでも節電になりますね。

 

 

また、マッサージチェアは待機電力が案外高いのでこまめに電源を抜くことも大切です。製品によっては待機電力を削減するための対策をとっている商品もあります。

 

 

いずれにしても毎日リラクゼーションサロンや整体に行けば相当な費用がかかるところを、貴方に合った優秀なマッサージチェアを手に入れて賢く節電もすれば健康も手に入りおサイフにもゆとりができて一石二鳥。マッサージチェアを賢く選んで毎日を健康に過ごしましょう。