• HOME
  • 電気料金
  • 電力自由化で電気料金の値下げが実現します
電気料金

電気料金

電力自由化で電気料金の値下げが実現します

公開日:2016.07.20
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化で電気料金の値下げが実現します
これまでは割高に感じる電気料金の支払いにも、黙って支払い続ける他に方法がありませんでした。 電力自由化により、自分の意思で電力会社を選び、契約する事が可能になります。 競争原理が働く事により電気料金の値下げが実現しますし、一般消費者の視点でお得な電力を購入する事が可能になり、工夫次第で家計費を節約する事も可能になります。

 
2016年4月より、いよいよ日本の全ての一般家庭で電力自由化が始まります。
誰でも自由に電力会社を選び契約できる電力自由化は、ライフスタイルにも影響を与える大きな変化といえるでしょう。
電力自由化以前は、居住している地域で指定されている電力会社以外と、電力供給契約はできませんでした。
指定地域に独占的に電力を供給する大手電力会社は、いくつかの電気料金契約プランを用意してはいましたが、競争原理の働かない一方的な料金設定にとどまっており、世界基準で考えると割高な電気料金を強制的に押し付けられていたのです。
電気料金の値上げも一方的に通告があるだけで、電力会社の言いなりの金額を支払う他に方法はありません。
もし抗議の意味で電気料金の支払いをストップすると、送電を止められてしまうからです。
長年独占状態が続いてきた電力業界に新規参入が可能になるので、今後電気料金の値下げが可能になります。
今の契約が割高であると思うのなら、電力供給の契約を他社に切り替えることが可能です。

 

料金プランを自分で選ぶという事

 
おそらく多くの人にとって、今後どのような基準で電力会社を選ぶかということに着目すると、電気料金がどの程度値下げされるかということになるでしょう。
電気料金を簡単に比較できるインターネットサイトが用意されています。
単純に値下げ効果を狙うというのもありでしょう。
一日の過ごし方やライフパターンにより、お得なプランが人それぞれ異なるので注意が必要です。
日中は自宅にいることがほとんどないという人であれば、日中の料金がやや割高で夜間の電気使用料金が割安なプランがおすすめです。
週末はほとんど自宅で過ごすという方は、土日の料金が割安なプランを探すと良いでしょう。
今後は消費者ごとに電力会社を賢く選ぶという視点が必要です。
インターネットなどの情報を活用した調査も必要となります。
多種多様な料金プランがすでに発表されていますから、比較検討してみましょう。

 

セット割引の活用

 
電気料金が値下がりになるということだけに注目するのではなく、複合的な生活費節約という視点に着目する事もできます。
様々なジャンルの企業が電力事業に新規参入しています。
携帯電話会社、ケーブルテレビ、都市ガス事業者、プロパンガス事業者、製紙工場など、電力とは無関係と思われる企業が新規参入しているのです。
今後は電気契約とジャンルの違うサービスや商品とのセット割引が一般化するでしょう。
携帯電話契約と電気契約の組み合わせで家計費を節約する時代が来ています。

 

32電力自由化で電