電気料金

電気料金

電力自由化が進むと電気料金が安くなる?

公開日:2015.11.20
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化が進むと電気料金が安くなる?

電力自由化の広がり

 

毎日の生活の中で、電気は非常に大きな役割を果たしています。

もはや、電気が無ければ便利で快適な日常生活は送れないと言っても過言ではありません。
これまで電気とは、家を購入した時や賃貸物件へ入居した際、自動的に契約先が決まっていました。
皆さんも電力開通の連絡をしたことはあっても、電力会社自体を選んで契約した経験は無いのではないでしょうか。

実は日本では、これまで数社の決まった電力会社しか電気を供給していませんでした。

電気という極めて公共性の高いサービスにおいて、それを取り扱う会社が安定性や設備の面から限定されていたのです。

しかし、この現状は特定の企業が特定の業種を独占しているとも言え、あまり好ましくないのではないかという声が上がりはじめました。

特に東日本大震災における電力不足、電気代の上昇などをきっかけにして、規制を緩和の必要性が再確認されたのです。

電力自由化を進めることで新規参入者を増やし、価格競争が生み出され、現在の電気料金よりも安くて良いサービスが普及する可能性が期待されています。

 

電気料金はどう変わる?

 

実は電力自由化は、大型のビルやマンションなどでは既に始まっています。

マンションでは電気を使用する家庭が非常に多く存在し、電気のまとめ買いプランなどお得なサービスを提供する新電力会社も出てきています。

これまでの各家庭が個々に契約していた場合と比べ、こうしたまとめ買いプランなどを採用することで大幅な電気料金削減が見込めるのです。

また、一般家庭でも2016年度から電力自由化が適用され、新しい電力会社と契約することが可能になります。

実は現在、日本では諸外国と比べても電気料金が非常に高くなっています。

諸外国では既に電力自由化が進んでおり、低い電気料金などのサービスが充実しているのです。

日本でも一般家庭で電力自由化が進むことで、諸外国のように価格競争が進み、値下げが可能になるでしょう。

 

新電力会社のサービスはどんなものがある?

 

新しい電力会社として、様々な既存の会社が参入を予定しています。

例えば大手通信会社では、携帯電話やスマートフォンとセットで契約するとそれぞれに割引が適用されるサービスを予定しています。

ガス会社も、ガスと同時契約することで高い割引率を適用する予定です。

また、大手機械メーカーは太陽光発電システムを開発し、家庭で太陽光発電された電力を現在よりも高い価格で買い取るプランを立てています。

このように、新規参入者も自分たちの強みを活かした様々なプランを用意しているので、今のうちに電気料金が安くなるサービスをよくチェックしておくと良いでしょう。

 

6