電気料金

電気料金

太陽光発電による電気料金の変化

公開日:2017.02.18
facebookでシェア twitterでつぶやく
太陽光発電による電気料金の変化
家庭で作った太陽光発電システムの電力は、基本的に家庭で使う電気として消費し、残った分を売電するという仕組みになっています。 売電価格は年々下がってきていますが、設備を導入するための初期費用も下がってきているので、相対的に見てまだまだメリットがあるといえるでしょう。 災害時には頼もしい電気になることもあって、導入する家庭が増えています。

 

もしも屋根の上に十分なスペースがあり、南を向いていて、天気のよい日には燦々と太陽が降り注ぐという条件を備えているのなら、太陽光発電から得られるメリットは大きいでしょう。
なんといっても、自宅で電気が作れるようになるのですから、こんなに心強いことはありません。
これまでは電気料金が安くなるという面がクローズアップされてきましたが、災害が起こってインフラが遮断されたときも、太陽光発電を取り付けている家だけは電気が使えました。
そのことに多くの人が気づいたこともあって、最近では災害対策にもメリットがあると考えられるようになってきています。
家庭で使う電気を、太陽光によってできた電力で賄えるほか、余った分は売電という方法で電力会社に売ることができます。
余った分はお金になりますので、これまで必要だった電気代をとり分けて売電分を残していけば、いつか設備投資費用が回収できるでしょう。

 

一般家庭での適用

 

一般家庭における太陽光発電システムの容量は、おそらく10kW未満というところが多いと思われます。
10kW未満の場合、売電価格はだいたい30円を超えたところくらいで、数年前の40円以上の設定だったころと比べると、かなり下がってしまったという印象を受けるかもしれません。
一方で、太陽光発電システムの取り付けにかかる費用が、技術の進歩によって下がってきていますので、初期費用が抑えられたことを思えば、同じ水準でスライドしていると考えられます。
太陽光によって作られた電気は家庭においてまず消費され、残った分を売電する仕組みになっています。
環境問題への取り組みが熱心なドイツでは、発電したすべてを売電してお金に替えられる他、すでに電力自由化が始まっていることもあって、安い電気料金の電力会社から電力を供給してもらうという選択ができますが、日本にはこのシステムはありません。

 

電力自由化との関係

 

電力自由化により、どの電力会社および新規参入事業者とでも契約ができるようになりましたが、太陽光発電システムによって家庭で電力を作っている家は、電力会社と電力供給契約を結んでおくのがいいでしょう。
売電もスムーズにいくでしょうし、何よりこれまでの実績がありますので安心して任せることができます。
新規参入事業者による新しい電力供給も魅力的ではありますが、太陽光によって作った電気はどうなるのだろうという疑問点や不安を少しでも持つのであれば、使用したときにもっとも電気料金が安くなる電力会社を選ぶのが正解といえます。

 

08太陽光発電による