• HOME
  • 未分類
  • 電力自由化により店舗がメリットを得ながら環境に優しい発電にも協力できる
未分類

未分類

電力自由化により店舗がメリットを得ながら環境に優しい発電にも協力できる

公開日:2016.07.23
facebookでシェア twitterでつぶやく
電力自由化により店舗がメリットを得ながら環境に優しい発電にも協力できる
電力自由化により小規模な店舗などでも、電気料金引き下げのメリットが得られるようになりますが、供給を受けるだけでなく発電への貢献もできます。太陽光発電の余剰電力の売却や屋根貸し、廃棄物のリサイクルによるバイオマス発電など環境に優しい電力発電に協力しながらコストダウンの恩恵が得られます。

 

これまで高圧契約以上が対象だった電力自由化制度のもとでは大型の商業施設にテナントとして入るお店や、電力需要量が多い業態のお店でないと電気料金引き下げのメリットは受けることができませんでした。
ですが、2016年月からは一般家庭と同様、低圧契約である店舗でも電力自由化により、新たに登場するお得な電気料金プランや新電力のプランを選べるようになります。
ガス料金とのセット割やガソリン代が安くなる石油会社のプランなど多彩なサービスが登場しています。
気になるプランがあれば、相談窓口で詳細な説明を受けたり提案を受け、インターネット上での各種シミュレーションも駆使して、店舗のランニングコストをダウンさせるお得なプランを選びましょう。

 

太陽光発電の売電や屋根貸し

 
スーパーやディスカウントストア、ホームセンターなど、中には面積が広い平屋や低層階の店舗の屋根や屋上に太陽光パネルを設置し、自給自足による節電や光熱費の削減、災害時の非常用電源として備えているというケースもあることでしょう。
補助金制度の後押しで導入されたり、大震災の教訓から電力不足や災害時への備えとして導入された店舗は少なくありません。
電力自由化に伴い、余剰電力を買い取って電力供給を行う新電力も増えていますので、お店で使い切れずに余った分は売電して利益を得ながら、地域への電力供給に貢献することもできます。
また、補助金導入時に設置するか迷ったものの、結局、予算等の関係で見送った店舗も収益を得るチャンスが到来しています。
屋根や屋上を新電力などの事業者に貸して太陽光パネルを設置させることで、賃料収入を得ることができるのです。
太陽光パネルの設置費用や維持管理コストは一切出す必要がなく、借りている事業者が全て賄います。
発電した電力の売電収入は得られませんが、安定的な屋根貸しによる賃料が入るうえ、非常時などには太陽光発電の電気を融通してもらうことも期待できます。

 

資源リサイクルで廃棄コスト削減とエコ貢献

 
電力自由化により、環境に優しい発電方式にも注目が集まっています。
その1つにバイオマス発電があり、地方だけでなく都心部でも取り組みが始まっています。
微生物が生ごみや木屑、稲わらなどを分解して熱を発生させる発電方式ですが、その燃料となる食品残渣や賞味期限切れの食品などの生ごみや事業用廃棄物を回収してバイオマス発電のための資源にリサイクルできるのです。
地域の商店街や商業施設のある一帯エリアで協力するネットワークが広まりつつありますので、資源リサイクルに協力しながら、お店の経営にもプラスに働く廃棄コストの削減を目指しましょう。

 

39電力自由化によ