• HOME
  • 新電力(PPS)

2016年電力自由化の要 新電力(PPS)

新電力

新電力(PPS)とは、既存の電力会社以外の新しい電気事業者のことを指します。
現在はオフィスや工場など、50kw以上の大口の需要家か一部のマンションにしか電力を供給していませんが、2016年4月の電力自由化後は一般の家庭向けに電力を供給する事業者も出てくる予定です。
新電力の登場によって、現在よりも電気料金が安くなったり、携帯料金やその他の光熱費などとセットになることでお得になるようなプランが提供されるようになるのではないかと予想されています。

全国の新電力事業社

新電力は、自社の余剰電力や買い付けた電力を、各エリアの電力会社の送電網を用い、オフィスや工場、商業施設に既存の電力会社よりも低料金で電力を供給することを提案しています。また、低料金なだけでなく、再生可能エネルギーによる発電に特化することで、地球環境に配慮した電力を供給する新電力など、独自の特徴を打ち出す新電力も存在しています。

全国の新電力事業者(PPS)一覧