• HOME
  • 鳥取県で利用できる電力会社
  • 鳥取県で利用できる電力会社

  • 鳥取県にお住いの一般家庭の皆さまが、2016年の電力自由化以降、新たに選ぶことができるようになる可能性のある電力会社の一覧です。 鳥取県では、既存の中国電力以外に、エネットやF-Power、大王製紙などの大手PPS(特定規模電気事業者)の多くが電力を供給する予定です。 こうした大手以外にも、 鳥取県に本社を置く、とっとり市民電力などの地場PPSにも要注目です。とっとり市民電力は、鳥取市と鳥取ガスによって2015年8月に設立された会社です。エネルギ ーの地産地消をテーマに掲げており、都市ガスや太陽光、バイオマスなど、鳥取県内で発電された電力を、県内で販売する予定です。 電力自由化というと、 電気料金の安さなどの”お得さ”ばかりに注目が集まりがちですが、こうした独自の取り組みもチェックしていきたいですね。